運転者を本人のみ、夫婦のみと制限してみる

運転者を本人のみ、夫婦のみと制限してみる

自動車保険といっても、ネット系でもさまざまだと思います。
同じような補償でも、保険料さえ数万円の違いがあるということも珍しくありません。
これは、代理店で契約するのと同じで保険料の差というものはネット系でもごく当たり前にあるのです。

 

できたら保険料を安くしたいということは誰しもが考えていることですが、そのためにはどうしたらよいのでしょうか?
まずは、契約をするときに本人のみ、夫婦のみ、同居の子供を含む・・・などなど選択肢があると思います。
例えば、自分しか乗らないのに、「○歳以上の人の運転はすべて補償」というようなことにすると、当然保険料も上がります。
確かに、いざというときを考えると多くの人が運転しても補償されると安心ではありますが、滅多にそういう機会がないような場合は、自分のみというような選択方法を取ればかなり保険料は安くなります。

 

例えば、あまり他人に自分の車を運転させたくないというような人もいるでしょう。
そのような場合に、「自分は本人のみの運転しか補償がないから」と言えば、やんわりと他人が運転することを断ることも可能です。
よく、「友人に車を運転させたらぶつけられて困ってる」というような話も聞きます。
何かあったときに嫌な気分にならないための言い訳にも使えます。