気になる補償はどのくらいにする?

気になる補償はどのくらいにする?

一体他の人はどのくらいの補償に加入しているのか?気になる人は多いでしょう。
一般的に、対人は無制限に入ることが原則でしょう。
例えば、事故を起こして相手が亡くなったとします。相手の人によって、その補償額が違うのが現実です。
例えば、かなり高齢の方と、医師ではかなりの差があります。
医師の場合は、これからその人が稼ぐであろうといわれる金額を含めた額が請求されますから、補償額はかなり高額になります。
また、事故を起こして相手が複数名無くなった場合もかなりの高額になることが予想されます。
とても、財産を売っても賄える金額ではありません。
こういうようなことも想定されますから、対人補償は無制限加入が必須となります。

 

対物補償に関してもできれば、無制限がよいかと思いますが、それぞれの経済的な問題もありますし、考え方もあるでしょう。
事故を起こしたときの過失によっても、補償される金額が変わってきますし、相手の車の修理代くらいで済む場合から、ガードレールなどや標識などの補償、電車が絡むような事故の場合などもあるでしょう。公共交通機関を止めるようなことになると、後で高額な請求が来ることは確実です。よく考えて加入されるとよいかと思います。